沿線まるごとホテルプロジェクト

地方創生

沿線周辺の地域をまるごと楽しむ”沿線まるごとホテル”

  • メンバー322
    30日前比-0.62%
  • Active Community
    ランキング
    52位
    先月63位
  • 時価総額¥5,007,760
    30日前比-30.28%

プロフィール

「沿線まるごとホテルプロジェクト」は、無人駅の駅舎等をホテルのフロントやロビーとして活用し、沿線集落の空き家をホテルの客室に改修し、さらには地域住民とともにホテル運営を行うことで、「沿線」を「まるごと」楽しめる「ホテル」のようなサービスを作り出すことを目指したプロジェクトです。地域の魅力を再発見するマイクロツーリズムや、生活観光といった新しい旅のあり方を提案することで、様々な地域が新たな繋がり方を発見し、活性化することを目的としています。

メッセージ

沿線まるごとホテルプロジェクトは、空想とも言えるアイデアから生まれた事業でした。無人駅をホテルのフロントに見立て、空き家を客室へと改修し、地域の方々がキャストとなってお客様をお迎えすることで、過疎高齢化で衰退の一途をたどる農山村を元気にしていけるんじゃないか、そして、都市部で生まれ育った人達の「ふるさと」になれるのではないか。そんな空想を現実にするために、共創型クラウドファンディング「みんなでつくる、ふるさとプロジェクト」を始めます。ぜひ、ふるさとづくり、地方創生のムーブメントを一緒につくっていきましょう。ご参加お待ちしております!!

活動計画

〜2026年:JR青梅線沿線
JR 青梅線沿線の古民家を順次改修・開業していき、ゆくゆくは全 5~8 棟で宿泊事業を稼働する予定です。

〜2040年:JR東日本管轄エリア
そして、長期的な展望としては、「沿線まるごとホテル」等の地域事業モデルを JR 青梅線以外の地域でも検討し、2040 年までに JR 東日本管轄エリア内で 30 地域以上での地域特性に応じた地域事業創出を目指していきます。

沿線まるごとホテルプロジェクトではその取り組みを進めるにあたって、FiNANCiEを通じて共創型地方創生となる「みんなでつくる、ふるさとプロジェクト」を立ち上げ、ロードマップの推進を目指します。

※活動計画は予定のため、今後の事業状況を加味してロードマップ、および活動は変更していく可能性があります