アビスパ福岡

プロサッカークラブチーム

クラブや地域の未来を皆で変えていく日本初の「スポーツDAO」

  • メンバー2,814
    30日前比+9.03%
  • Active Community
    ランキング
    25位
    先月15位
  • 時価総額¥30,374,390
    30日前比+3.31%

プロフィール

アビスパ福岡は『子どもたちに夢と感動を地域に誇りと活力を』を基本理念とし、『感動と勝ちにこだわる』をスローガンとしている福岡市をホームタウンに、12市町村をフレンドリータウンとしているサッカークラブです。
福岡市がアジアのリーダー都市として成長を続ける中、アビスパ福岡も日本を代表するチームに成長するためにJ1の舞台で大きなチャレンジをしています。

現状のアビスパトークンコミュニティにより多くの方へご参加頂くために、2023シーズンからは「Avispa Fukuoka Sports Innovation DAO」と名称をリニューアルいたします。DAOは“自律分散型組織“と呼ばれ、ビジョンに賛同する人々が協力して、自律的に運営されるコミュニティのこと。「Avispa Fukuoka Sports Innovation DAO」は、アビスパ福岡と一緒に「Web3×スポーツの力で、福岡から世界に広がるイノベーションモデルを共創する」というビジョンの達成を目指す日本初のスポーツDAOです。それに伴い、実施するプロジェクトの範囲を広げ、トークンホルダーの皆さまにも今まで以上にアビスパ福岡の運営やクラブが実施する企画の意思決定に参加していただきたいと考えております。日本初のスポーツDAOに挑戦することでスポーツ組織の新しいあり方を検討する一助になる事を目指します。

メッセージ

平田:今回「Avispa Fukuoka Sports Innovation DAO」の全体設計を担当している平田です。2021年からのFiNANCiEプロジェクトを、色々と試行錯誤しながら、トークンホルダーの皆様と一緒に「NavyFlamesスペシャルマッチ」の開催、みんなで創るTシャツイベント、試合前のPK対決、Jリーグ初のNFT発行、対談イベントなど新しいチャレンジをさせて頂きました。まだまだ課題もありますが更にDAOのリニューアルと共にトークンホルダーの皆様と新しい体験、新しい価値を共創できればと思っております。
得意領域(といえるか分かりませんが・・・)は福岡市のスタートアップ業界で学んだ「チャレンジ精神」と大学2年生の時から「アビスパ福岡でACLを獲る」という目標が変わらない「しつこさ」、後は周りから言われる「強運」の3つです。J1定着、そしてさらにその先の目標にアビスパトークンに関わる方々と共に新たなクラブのモデルを創っていきながら向かっていければと思っています!

佐川 :アビスパ福岡の佐川です。私は2022年4月に東京ヴェルディより完全移籍で加入致しました。スポーツビジネスの新たな価値を創出すべく、大きなポテンシャルを感じるアビスパ福岡と福岡の街に魅力を感じて、アビスパ福岡に加わることに決めました。ミッションとしては、スポンサーセールスだけではなく、今回の「Avispa Fukuoka Sports Innovation DAO」プロジェクトのような新規事業の推進を担当しております。その中で、地域社会への貢献を目的とした「シャレン!(社会連携)」のプロジェクトを主担当として推進しており、2023シーズンから「FUKUOKA TAKE ACTION!」といったパートナー企業様との共創型のプロジェクトを立ち上げています。「共育」「社会/健康」「街づくり」のテーマで、福岡の街に貢献する様々な社会連携アクションを推進していきます。今回の「Avispa Fukuoka Sports Innovation DAO」でも福岡の街が更に元気になる為のプロジェクトを連携して実施出来たらと考えています。よろしくお願い致します!

中嶋 :今回「Avispa Fukuoka Sports Innovation DAO」プロジェクトに携わらせていただくことになりました中嶋と申します。アビスパがこの先アジアを代表するクラブになるために、また大好きな福岡の街をより良い街になる為にこのDAOを通してみなさまと一緒に様々な取り組みが出来ればと思います!よろしくお願いいたします!

活動計画

【Avispa Fukuoka Sports Innovation DAOの活動内容(予定)】
2023年シーズンよりアビスパトークンコミュニティをリニューアルし、「Avispa Fukuoka Sports Innovation DAO」としてメンバーの皆さんと集まった資金を活用して様々なプロジェクトを実施していきます。ここでは一部をご紹介します。

■ファンが主役のジェネレーティブNFT「Avispa Supporters NFT」プロジェクト
Avispa Supporters NFTは、DAOのメンバーが優先的に手に入れることができる特別なデジタルアイテムで、1つ1つの見た目が全て異なる、アビスパ福岡を応援するサポーターを具現化したNFTです。スタジアムではユニフォームがサポーターの証として一体感を醸成しますが、SNSをはじめとするデジタルの世界ではNFTをプロフィールに設定することで、サポーターとしてのアイデンティティを更に獲得することができます。
将来的には、本コレクションを起点にデジタルブランドを作り、スタジアムがメタバース化された際のアバターに昇華させることも構想しています。

■アビスパの未来を考える「Avispa Global academy」 プロジェクト
トークンホルダーと共にアビスパの選手育成、移籍ビジネスの未来について考えます。
ユーストレーニング施設の改善、海外遠征支援、有望選手の海外セレクション参加支援、育成部と連携した有望選手の発掘などトークンホルダーのアイデアを元に育成年代の強化を後押しできることを議論し、福岡から冨安選手のような日本を代表する選手を輩出していくことを目指します。

■ベススタを満員を目指す「スタジアム感動体験創出」プロジェクト
スタジアム来場者に熱狂と興奮、そして感動体験を提供できるかをトークンホルダーだけでなく、所属選手も一緒になって議論します。まずは皆さんと共に、スタジアムのボルテージを高める演出や、試合前のワクワク感を演出する「スタメンボード」の設置、スタジアムエリアの世界観を統一する「ブーステントのアビスパカラー化」に着手します。

■サッカークラブの新たな価値を作る「DAO × 地域貢献・課題解決」プロジェクト
デジタルのコミュニティであるDAOでは、全国どこにいてもアクセスできるという特性上、県外在住のアビスパサポーター、福岡人、福岡を愛する人もDAOへの参加を通じて、福岡のまちづくりや関係人口創出に繋がる活動に参画できます。そこで本プロジェクトでは、全国のDAOメンバーのアイデアや経験を出し合いながら「アビスパ福岡×ホームタウン地域」で生み出す新たな価値を創造し、「Jリーグシャレン!アウォーズ 2023 」に応募することも検討しています。

※DAOとは
“自律分散型組織“と呼ばれ、ビジョンに賛同する人々が協力して、自律的に運営されるコミュニティのことです。組織内の活動は公開・可視化され、メンバーによる投票等によってDAOの意思決定が行われます。しかし、現在のDAOはまだまだ実験段階のものも多いため、Avispa Fukuoka Sports Innovation DAOでは、最初はアビスパ福岡がDAOを推進していきます。