第3回サポーター募集共有ガイド

共に行こう! 『B2』『B.LEAGUE ONE』そして、その先へ
追加トークン販売
あと2
購入済額
-
販売数
-
募集上限額
-
- USD
(現在単価 ¥-/トークン)
残り募集額
-

サポート総額

-

トークン販売情報

トークン販売単価
2.603 / 1トークンあたり
残りトークン数
販売トークン数
1,958,629
/
2,189,057

現在のサポート人数

24
追加トークン販売の特徴

・メニューを購入することで、オーナーを支援することができるクラウドファンディングです。

・支援を行うことで、購入額分のトークンを獲得することができます。

・トークンは購入が完了した時点で獲得できます。

・メニューによって、コレクションや特典などが付属します。また、累計の購入口数によって、追加の特典が付属する場合もあります。

※獲得できるトークンの1トークンあたりの単価は、表示されているトークン販売単価となります。

※購入するタイミングによっては、1トークンあたりの単価がマーケットプレイスより高くなる場合や安くなる場合があります。

※累計購入口数による特典については、販売メニュー内の詳細をご確認ください。

追加トークン販売に関する詳細はヘルプをご確認ください。
40,000,000pt
初期募集上限額

メッセージ

支援コース詳細へのショートカットはコチラ

2016年のB.LEAGUE参入以降、多くのRebsの皆様のお力添えにより、存続の危機やB3への降格を乗り越え鹿児島レブナイズは今季もB2再昇格への挑戦を続けています。1月のホーム戦ではクラブ史上最多となる『3,251名』を樹立し、悲願のB2昇格達成へその機運も高まりを見せています。

B2昇格への熱い戦いが繰り広げられる中、鹿児島レブナイズはB.LEAGUE将来構想により2026-27シーズンから導入される新ライセンス取得への新たな挑戦も進めています。当クラブが目指す『B.LEAGUE ONE』の参入条件は今シーズンからの「平均入場者数2,400名」「売上基準4億円」「現B1クラスのアリーナ基準充足」の大きく3項目の達成です。


鹿児島レブナイズでは参入実現に向けステークホルダーの皆様と連携し様々な施策を行っていますが、参入基準を満たすために解決しなければならない大きな課題がまだ残されています。


今回、3月10日(日)に開催する西原商会アリーナでのホーム戦を「鹿児島レブナイズTOKEN DAY」と題し、皆様と共に鹿児島レブナイズ史上最多となる入場者数4,000名を実現するために様々な企画を行うことを決定いたしました!目標実現のためには、入場者数だけでなく「3つの課題」を解決する必要があります。第3回のファンディングを通じて、皆様のお力添えをいただき『B.LEAGUE ONE』参入に相応しいアリーナづくりと、魅力あふれるコンテンツの提供を行ってまいりたいと考えております。目標金額は2段階に設定し、『500万円(フル仕様のアリーナ作り、特別な来場者プレゼント)』『800万円(シャトルバス運行、特別な装飾・演出の開催』を達成していきたいと考えています。B2昇格だけでなく、より皆様に愛されるクラブとなるようスタッフ一同全力で取り組んでまいります。ぜひ皆様のご理解とお力添えをよろしくお願いいたします。

※「鹿児島レブナイズ TOKEN DAY」の概要は随時発表いたします!


鹿児島レブナイズのホーム「西原商会アリーナ」は通常約3,000名を最大収容数となるよう座席が設置されており、先日の試合では多くのご来場者様に立ち見をしていただかなければならない結果となりました。そのため、鹿児島レブナイズでは3月9日(土)と3月10日(日)には現状のフル仕様とすることを目指してはおりますが、それには大きな費用が必要となります。クラブ単独での実現はまだ難しく、ぜひ皆様のお力をお借りして「4000人以上」が収容可能なレイアウトへの変更を目指していまいります。


鹿児島レブナイズが「B LEAGUE ONE」参入をクリアするためには、ライセンスの条件を今季のみならず来季以降も継続してクリアをしなければなりません。


来年度から西原商会アリーナは大規模改修を控えており、来季と再来季において平均2,400名の実現は物理的に困難な状況です。新ライセンスの基準を目指して所有者である鹿児島市様と連携し、前向きに取り組んでいます。


そのため、鹿児島レブナイズとしては今季必ず2,400名を達成し、その実績を持って今後リーグとの協議に臨んでまいりたいと考えています。今回のアリーナ仕様変更と4,000名の来場者実現は必ず達成しなければならない課題であり、その結果が今後のクラブの将来を大きく左右します。どうか、皆様のご理解をよろしくお願いします。



鹿児島レブナイズのホーム戦にはこれまでと比較にならないほど、多くのRebsの皆様が応援に駆けつけてくださるようになりました。これからも鹿児島に愛されるクラブであり続けるため、皆様にまた来たいと思っていただけるホーム会場を創り上げ、より快適に応援・観戦いただける環境作りを進めていかなければならないと考えております。シャトルバスの運用や舞台装置の設置、来場者特典の充実など、Rebsの皆様から日頃いただくご意見にもお応えできるよう、ぜひ皆様と共に新たなホーム戦の形を創り上げていけるようにご協力のほどよろしくお願いいたします。

鹿児島レブナイズは「鹿児島を動かす新たな『チカラ』となる」を基本理念とし、「鹿児島のセンターピン」となるべく鹿児島県鹿児島市をホームタウンに活動しているプロバスケットボールクラブです。鹿児島県でのプロスポーツ文化の構築や県民、市民の皆様の生活を豊かにしていく存在として、スポーツという枠を超えて経済を動かし地域を盛り上げていく存在を目指しています。


鹿児島レブナイズは、2026年から始まるBリーグの将来構想に賛同し、日本を代表するプロスポーツクラブとなるため、新ライセンスのクリアとB2、B1昇格を目指しています。そこで前回実施した「第2回ファンディング」を再スタートとして「REBNISE TOKEN」コミュニティの運用改善に取り組んでまいりました。その結果、500名を超えるコミュニティメンバーの皆様にご参加をいただき、投票企画やメンバー参加型のイベントを開催することで、8月に61位だったFiNANCiE Token Active Communityランキングも10位(11月度)に上昇し、Bリーグから参加している多くのクラブの中で、今季B1昇格を果たした佐賀バルーナーズに次ぐ2番目の盛り上がりをみせています。「REBNISE TOKEN」は、鹿児島レブナイズがRebs(ブースター、スポンサーや自治体など全てのステークホルダー)の皆さまと一緒に「スポーツの力で鹿児島を盛り上げ、豊かな暮らしの実現と新たな経済基盤の構築」というビジョン達成を目指す取り組みです。


トークンホルダーの皆さまにこれまで以上にクラブの運営やクラブが実施する企画にご参加いただき共に鹿児島レブナイズを育て、同時に「REBNISE TOKEN」の価値を高めていきたいと考えております。鹿児島から日本一のクラブを創る。そして、鹿児島がスポーツにより経済の成長を実現する新たな都市となるべく、多くの方にご参加いただけますと幸いです。

2023-24シーズンの「REBNISE TOKEN」では、メンバーの皆さまと集まった資金を活用して様々なプロジェクトを実施していきます。ここでは一部をご紹介します。


REBNISE TOKENでは全国どこにいてもアクセスできるという特性上、県外在住のブースター、鹿児島人、鹿児島を愛する全ての人が活動への参加を通じて、鹿児島の街づくりや経済発展につながる活動に参画できます。そこで本プロジェクトでは、全国のREBNISE TOKENホルダーの皆さまのアイデアや経験を出し合いながら「鹿児島レブナイズ×ホームタウン」で新たな価値創造し、1年を通じた鹿児島レブナイズの地域貢献活動の実施に取り組んでまいります。まずはレブナイズポスターをホルダーの皆さまと力を合わせて鹿児島全域に掲載していくプロジェクトを進めていければと思います。


トークンホルダーと共に鹿児島らしい魅力溢れる「ホームゲーム」とは何かを考えます。バスケットボールはアリーナで試合を開催することで、天候に左右されることなく快適に試合観戦することができます。また、音や光の演出との親和性も高く様々な演出で非日常空間を創ることが可能です。


鹿児島レブナイズではもっと多くの方が、楽しめるホームゲームを目指しトークンホルダーの皆さまと知恵を出し合い、また集まった資金を活用して様々なプロジェクトを実施していきます。

例えば、家族で毎試合楽しむことが魅力溢れる「ホームゲーム」だとすると、どんな演出、どんな企画をやっていくと良いのかなど具体的に皆さまと創っていければと思います。

まさにRebsが創るRebsのためのホームゲームの実現に向けて皆さまのお力添えをよろしくお願いいたします。



トークンホルダーの皆さまにこれまで以上にクラブの運営やクラブが実施する企画にご参加いただき共に鹿児島レブナイズを育て、同時に「REBNISE TOKEN」の価値を高めていきたいと考えております。鹿児島から日本一のクラブを創る。そして、鹿児島がスポーツにより経済の成長を実現する新たな都市となるべく、多くの方にご参加いただけますと幸いです。


「REBNISE TOKEN」では引き続き、ビジョンに共感・賛同いただける仲間を募集いたします。

トークンを持っていただくことで各プロジェクトのコミュニティに参加いただくことができます。

販売メニューはこちら


またトークン保有数に応じたグレードを設定し、各ステージ毎にリワードが受けられる仕組みをご用意しております。

現時点での暫定グレードシートは以下になります。

◾️FiNANCiEについて

(FiNANCiEの提供するトークン発行型ファンディング)

『トークン発行型ファンディング』とは、トークンを発行すると同時に支援を募る、Web3時代のあたらしいクラウドファンディングです。

(トークンの役割)

トークンとは応援する「しるし」や「証」の役割を果たすデジタルアイテムです。

スポーツ団体やアスリート等が、FiNANCiEならではのファン参加型コミュニティの形成等、新しい応援の形を実現するためFiNANCiE上で発行します。


(発行されたトークンでできること・特徴)

ファンは、これら発行されたトークンを保有することができます。

ト(トークンの役割)トークンとは応援する「しるし」や「証」の役割を果たすデジタルアイテムです。スポーツ団体やアスリート等が、FiNANCiEならではのファン参加型コミュニティの形成等、新しい応援の形を実現するためFiNANCiE上で発行します。(発行されたトークンでできること・特徴)ファンは、これら発行されたトークンを保有することができます。トークンを保有することで、スポーツ団体やアスリートがコミュニティで企画する投票企画や抽選企画に参加することができます。(企画内容により、保有数の制限などで参加できない場合があります。)また、トークンはそれ自体が価値を有し、保有者のニーズに応じて1トークンあたりの価値が上下します。


■注意事項

・目標金額の達成、未達成に関わらず、オーナーはサポート総額を受け取ります。

・FiNANCiEで発行されるトークンは、FT(Fungible Token)となります。なお、このトークンは、金融商品取引法上の有価証券ではなく、資金決済法上の暗号資産でもありません

・ご購入頂いた販売メニューの、返金、返品、変更や交換は受け付けておりません、予めご了承ください。

・トークン販売期間中、販売メニューの制限個数の増減、および新たな販売メニュー追加の可能性がございます。

・特典の受取り申請フォームへの入力は 2024年3月4日11:00(月曜日)締切です、それ以降の申請は原則お受けしかねます。 

※販売期間が延長となる場合は変更予定です。

・販売メニュー特典の対象となるイベント等の実施詳細ついては、別途コミュニティや公式サイト、SNSにて発表いたします。

・特典の性質などを鑑み、当社の判断でご支援をお断りする場合がありますので、あらかじめご了承ください。なお、この場合、理由に関するお問い合わせには応じかねます。

・第三者への転売や譲渡は禁止させていただきます。

・追加販売で獲得したトークンは売却制限がございます。長期的な保有による継続的な支援を目的とした仕組みになりますので、予めご了承ください。

・追加トークン販売について詳細の仕組みが知りたい方はこちらをご覧下さい。

・シェア機能は、ページ最上部へスクロールいただき、画面右上の「︙」から「共有」を選択の上ご利用できます。

・トークンについてはこちらのヘルプガイドをご覧ください。

・サービスの関してのご質問はこちらへお寄せください。

メニュー

マーケットプレイス(売り出し中)
共有ガイド

  • 1日
  • 1週
  • 1ヶ月
  • 1年
在庫-
時価総額
...
(トークン総数3,686,992)
出来高
...
...
--
当日の値幅制限
値幅制限基準
...
上限
...
下限
...